FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W6PQL LDMOS リニアアンプ BLF188 1.9~144MHZ

リニアアンプ
06 /08 2017


BLF188のHF/50と144MHZ 2台のリニアを大きなポケットベルの送信機用の放熱板に貼り付けました 今回のプロジェクトは投資額も多いので何とかケースに組み込むまで仕上げたいと思っていますがなかなか前進しません 両方ともバラックの実験では1000Wくらいのパワーが出ることは確認したのですが HF/50がその後 アイドリング電流が流れなくなっています やっちまった!という自覚症状は無いのですが その後2ヶ月ばかり放置状態 50Vで30Aくらい電流流れます。 1500Wの消費電力で高周波出力1000Wがでてくるのですから すごい素子が出てきたものだと感心しますドライブも5Wあれば十分 100WのエキサイターをATTで消費させる方法の方が難しい 昔であれば 5Wをワンステージで1000Wにしてしまうデバイスなどは有り得ない あっても高周波発信機にすぐなってしまうでしょう。 LDMOSは出力側の無限大のSWR悪化に対してはまず破壊しないそうです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BW/JH3GGC

山の秘密基地へようこそ 台湾の東海岸 花蓮県の海岸山脈の標高440mにアンテナを設置しています。写真の後方は花蓮の市街地 足元の丸い玉は国軍防空レーダーサイト 右手側太平洋が眼下に広がっています。一番近い日本 与那国島まで約120KM 左側は3000m級の中央山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。